数秘術 数字の象意・意味「 4 」 – owner –

4の数秘術的な意味

安定,固定,保有者,結合
(fixed,owner,stable,union,Landlord)

4の数秘術的な解説

数秘術は、「1~9」までを1つの単位として天地万物を分類する分類システムであり同時に占術の一つでもあります。

4は1~9の中で4つ目の数であり、ものごとを固定する力を象徴します。図形でいえば、「4角形」で象徴されます。(1は点、2は線、3は3角形、4は四角形もしくは三角錐、5は5角形、6は六芒星、7は七芒星もしくは図形なし、8は立方体、9は九芒星もしくは円環 )

4は、4つの点であり、3角錐や4角形。3つでも安定するのですが、さらにかっちり安定する雰囲気です。子どもの成長でいうと、あえて型にはまったことを学ぶ時期をさします。朝あったら「おはようございます」とか。「1+1=2」とか。模範解答丸暗記の時期です。

伝統芸能系の人がよく言う話で、昔からの型を知ったうえで、型を壊すのは型破りといって賞賛の対象だけど、型を学ばないで単に思いつきだけでいい加減にやるのは形無しでつまらない、という話があります。要するに型を学ぶ時期も必要という話です。

キャラクターでいうと、保有者。オーナーです。土地なら地主とか、会社なら社主とかオーナー社長です。昔で言えば国王や皇帝です。

ストーリー的な「4」の解説

物語でいえば、主人公が「何かたしかなものを手に入れた」段階です。お姫様を手に入れた王子様、巫女さんから神聖な剣をもらった流浪の王子、などです。

また、4というのは「4つ組」という4つで1つの概念も象徴します。4つに分類してまとめると頭よさそうに見えるのでちょっとおすすめです。

「春・夏・秋・冬」・「火・水・風・土」・「A・B・O・AB(血液型占い)」・・、

すべて「4つで1つ」な概念となります。「2」の世界では「美味しい⇔不味い」の1つの軸しかない世界だったのが、「4」になると「甘い⇔辛い 美味しい⇔美味しくない」といった2つの軸がある世界になってくるわけです。

レストランの食事を分類する時に

 

サービスがよい
サービスが悪い
食事が美味しくない 食事が美味しい

 

いとう風に、味とサービスという二つの軸で分類するというのも「4」的な感じです。

2つの軸を作って4つに分類するのは、物事を図解する時に非常によく多用されるテクニックですが、「4」という数字のもつ安定感がどこかで影響しているのかもしれません。

コメント

四大元素・四大明王・四天王・・・、四つ揃うってどこかかっちりしたイメージがあります。

西洋系の数秘術では「5」は革命的な動きのある状態を象徴するのですが、これに対して「4」は安定した状態を象徴します。

数秘術4のイメージ動画

4は保有のイメージがあるのですが、こういう動画をカジュアルに楽しめる人は「4」的かもしれません。

※あくまで包括的なイメージをお楽しみください

関連記事

  1. 占いは統計学とは名乗らないほうがいいです。なぜならば。。。

  2. 数秘術 数字の象意・意味「 8 」 – control t…

  3. タロットとストーリー作り

  4. 人間のキャラクター(性格)  西洋占星術から学ぶなら?

  5. 数秘術 数字の象意・意味「 9 」 – All is sp…

  6. オラクルカード・タロットカードの使い方、初級編と上級編

  7. 数秘術 数字の象意・意味「 2 」 – Two sides…

  8. 数秘術 数字の象意・意味「 1 」 – Frontier …

ストーリーに学ぶ

トートタロット 解説記事

トートタロットのストーリー視点での解説記事目次です。各タイトルをクリックすると解説ページに飛びます。

1. 大アルカナの意味、解説記事まとめ

西洋占星術

西洋占星術の十二星座・十惑星の神話などのまとめです。

1. 十二星座の神話とイメージ
2. 惑星のシンボルのイメージ

タロット通信講座

※基礎トレ編

通信講座画像
>>>講座の詳細はここをクリック

発想力から鍛えられる通信講座です。

※基本~応用編

通信講座画像
>>>講座の詳細はここをクリック

ツリーオブライフの視点でより深く学ぶ、基礎~応用な講座です。

トートタロット 購入


※サイズとバリエーションの展開がありますが、1個目は大きい緑の箱がおすすめ。

日本神話カード

純日本製のカードリーディングツール。下記をクリックするとWEBで無料体験可能です。