数秘術 数字の象意「3」 - X-Maker -
Previous
RANDOM
【瞑想用音声】海の音
Next
西洋数秘術

数秘術 数字の象意「2」 - Two sides of the same coin –

2の主な意味 関係性,観察者,二つで一つ,表裏一体
(Observe,two sides of the same coin,double standard )

数秘術は、「1~9」までを1つの単位として天地万物を分類する分類システムであり同時に占術の一つでもあります。

2は1~9の中で2つ目の数であり、ものごとの2つの面を象徴します。図形でいえば、「二つの点を結ぶ線」で象徴されます。(1は点、2は線、3は3角形、4は四角形もしくは三角錐、5は5角形、6は六芒星、7は七芒星もしくは図形なし、8は立方体、9は九芒星もしくは円環 )

2は子どもの成長でいうと、自分と他人との区別がつきだしたくらいの段階をさします。キャラクターでいうと、観察者。冷静な分析と熱いビジョンという両面を併せ持ちます。

物語でいえば、主人公が「使命を探すてがかりをえる」もしくは「物語の転機になる出会いをする(将来奥さんになる人や将来の親友と出会う)」ような段階です。

2つというのは「2つで1つ(表裏一体)」ということも象徴します。この意味では善という言葉なら、悪という言葉と一体ということです。これが善い事という領域を決めることで、不善、悪い事という領域が定まります。善と悪は表裏一体の概念だということです。善人というものがいなければ悪人というものもいないのです。

善と悪・光と闇・男と女・火と水・静と動・・、すべて「二つで一つ」な概念となります。

 

なお(西洋)数秘術的には、偶数は静的な、奇数は動的な意味になるのが基本となります。日本史雑学としては、公家は奇数を尊びます。これは「奇数=陽、偶数=陰」とされたことからきています。(なので、例えば9/9は重陽(陽数の9が重なる)の節句と祝われていた)

奇数と偶数の大まかなイメージに関しては、日本も西洋も共通するようです。

所長
所長
ストーリー(神話)・ストラクチャ(構造)・スピリチュアル(精神世界)、3つのSな視点から物事の起源を見るインスピレーションを鍛えるサイトです。所長のキャラは、愛のあるドSです。モットーは「遊びをせむとや生まれけむ、戯れせむとや生まれけむ。」
COPYRIGHT © 2015 神話・心理・日本精神  -ストーリー構造研究所 -, ALL RIGHTS RESERVED.