RANDOM
数秘術 数字の象意「8」 - control the wrold -
Next
スピリチュアル

数秘術 数字の象意「9」 - All is spiritual –

9の主な意味 全体,自然,混沌,完全
(all,spreme,chaos,All is spiritual)

数秘術は、「1~9」までを一つの単位として天地万物を分類する分類システムであり同時に占術の一つでもあります。

9は1~9の中で最後の数であり、ものごとの完成を象徴します。図形でいえば、「立法体」です。(1は点、2は線、3は3角形、4は四角形もしくは三角錐、5は5角形、6は六芒星、7は七芒星もしくは図形なし、8は立方体、9は九芒星もしくは円環 )

9は、 7の真理の探究的な内省的な力、8の管理的なコントロール力に対して、「何もしないけど、全てが揃っている」という完全さや全体性のようなものを象徴します。

キャラクターでいうと、自然な人。よい意味で自分の価値観があまり固定していない人です。7タイプ(内面重視タイプ)や8タイプ(管理タイプ)の人は自分の価値観が良くも悪くもはっきりしていますが、9タイプの人はあまり決まった価値観というものがありません。「なんでもあり」な感じが最も強いタイプになります。

1~9の間で、1は最小の数、9は最大の数、となります。

物語でいえば、主人公が「無事に結婚して新しい生活に向けて踏み出した」ストーリーを象徴します。一つの旅が終わり、また新しい旅がはじまるといった感じです。
1の時は、0から新しいことを開拓していこう、というエネルギーでしたが、9になると全てが揃ったのでこれから新しく始めようというエネルギーになります。この1と9の違いは、小学校入学と、小学校卒業&中学校入学、の違いみたいなものです。

また、9というのは9つで1つの概念も象徴します。

エニアグラム(9つの性格)とか九州(昔は州が9個あったから九州)、野球のチームも9人1組です。九星気学の九星とか、九字真言の九字などです。

所長
所長
ストーリー(神話)・ストラクチャ(構造)・スピリチュアル(精神世界)、3つのSな視点から物事の起源を見るインスピレーションを鍛えるサイトです。所長のキャラは、愛のあるドSです。モットーは「遊びをせむとや生まれけむ、戯れせむとや生まれけむ。」
COPYRIGHT © 2015 神話・心理・日本精神  -ストーリー構造研究所 -, ALL RIGHTS RESERVED.