カップの8の意味 < Indolence 怠惰> – トートタロット –

カップの8のキーワード

カップの8は、indolence(インドレンス)、怠け心と呼ばれます。
よりカンタンな英語でいえばlazy(レイジー)です。

カップ(感情)×8(拡大)= indolence(怠惰)

感情の楽なほうに楽な方にとやりすぎると、本当の感情が無視されるという感じです。

「気持ち良い=正解」という感覚的な判断は、ある程度の訓練を経ていないとただ単に間違えます。食育的な知識がないと、駄菓子やファーストフードを「心地よい」と感じてしまい、「駄菓子=身体が求める食べ物」と勘違いしかねないのと似たような話です。

>>スートと数字のイメージ・意味は、こちらを参照

イメージストーリー

本当は自分で作ったケーキを食べたい。
やり方は分かる。美味しいイチゴが売っている場所も知っている。
材料さえ買えばストレス無くできる。

けど、めんどくさいからデパ地下の有名ケーキ店(F○○n○○y)で買ってきてすませることにする。
とても美味しいし身体も喜んでいるのだけど、どこか不満足。

シンボル解説

トートタロットのカップの8には、占星術マークでいうと、魚座の土星が描かれています。

魚座(神秘・イマジネーション)×土星(限界・最果て)=indolence(怠惰)

制約が多すぎる人は、どんなに想像力を刺激されても何もしようとしない(怠惰)。

ということで。

>>12星座と10惑星の意味は、こちらを参照

日本の伝承(神話・昔話・伝説)で例えるなら?

神としての娼婦のイメージ、江口の君の話がよいでしょう。観音様が遊女(高度な教養もある娼婦)に化けて、衆生救済のためにこの世にあらわれた。みたいな高尚なモチーフの話です。一番嫌われるものの中に、一番素晴らしいものが隠れているみたいなストーリーです。

その他

作者のアレイスター・クロウリーの例えによると、カップの8のイメージは

「パーティーの準備は全て整ったのに、ホストが客を招待するのを忘れていた、あるいは仕出し屋がご馳走を配達しなかった」(トートの書 P189)

となります。

わかりやすいんだかわかりにくいんだかって例え話ですが、確かにindolence(インドレンス)=怠惰、な話です。

パーティーをやるのに客を招待するのを忘れるって、無意識にやる気なくなってる感が満載ですので。

恋愛

最後に、「恋人・パートナー絶賛募集中」な人に向けた恋愛トークでの「カップの8=怠惰」の参考例を。

ポジティブにとれば「全てがどうでもよくなると、逆に人生が明るくなってパートナーにも恵まれる」といったストーリーです。ネガティブにとれば「現状に絶望しないと、誰にも出会えずに月日だけが過ぎる」というストーリーになります。

<無料版 メールマガジン>

メールマガジン会員登録(登録で発想力を高めるアートワークの小冊子(PDF)プレゼント中)

<ストーリーシンボル企画制作のアイテム&冊子>

日本の神仏カード(第三刷!)、日本の伝承タロット  (Amazon.co.jp、日本のオラクルカードタロットカード全集、などで販売中)

<小アルカナ | 大アルカナ>

小アルカナ 意味 目次 | 大アルカナ 意味 目次

<占星術>

十惑星のイメージ、惑星記号の意味 | 十二星座の神話とイメージ

<生命の樹 | 数秘術>

生命の樹とは(NOTEに飛びます) | 数秘術 目次

<神話>

トートタロットの中のエジプト神話

通信講座・教材

1.タロットカード 解読テクニック 音声&PDF(初心者さん向き)

2.タロット教材各種 生命の樹をふまえたタロット講座など(基礎&応用)

参考文献など

ト-トの書 / The Book Of Thoth (A.クロウリー),正統ピタゴラス数秘占術(渡辺 だりあ), 易経 ビギナーズ・クラシックス(三浦 國雄) The Qabalistic Tarot: A Textbook of Mystical Philosophy (Robert Wang) ,Wikipedia (English,日本語)etc

※この記事は、理解のステップとして面白いものをという編集方針を基本としています。

nakajima oumi

nakajima oumi

シンボルと寓話の研究家。作家 「キレイはキタナイ、キタナイはキレイ」

関連記事

TOP