新しい神話講座の先行販売を終了しました
Previous
RANDOM
神様とお話する方法を使うための、七つの法則
Next
スピリチュアル

タロットのスート・数字のイメージ まとめ ( トート 用 )

主にトートタロット用の、スートと数字のイメージの解説です。

タロットのスートのイメージ

これはアリストテレス以来の四大元素論を使って解読していきます。

万物を

FIRE(火)、WATER(水)、AIR(風)、EARTH(地)

の四大エレメントに分類するのがギリシャ式の四大元素論です。

 

4dai-4

 

ここで注意すべきは、このFIREは物理的な火を表すのではなく、抽象概念であるということです。

人間の性格も元気な人をさして熱い人とといい、静かな人をさして涼しい人といいます。そういう熱い涼しいと同じように使う概念です。

例えば人間のキャラクターを分析する場合、「松岡修造は「熱い」漢なので、FIREの要素が強い」という風に使うわけです。

水も風も地も、抽象概念であることに注意してください。

そして、もうひとつの注意点は文字通りだけに解釈しないということです。例えば、「EARTH(大地)」は動かないイメージだけではありません。
地球は太陽の周りを回っていますが、「動くから安定する」もののような駒のようなものもEARTHにはいります。

というのをふまえた上で、

ワンド=火    ACTIVE (陽) 、直観
カップ=水    PASSIVE (陰)、 感情
ソード=風    ACTIVE&PASSIVE、 知性
ペンタクル=土  PASSIVE&ACTIVE 、感覚

と、「直観・感情・知性・感覚」の4つの感覚も四大に配当します。
4dai-taro
(画像はそれぞれトートタロットの小アルカナのエースより)

この四大元素は、四季「春・夏・秋・冬」と似たような概念だと思うと理解しやすくなるでしょう。

四大元素の場合、人間の内なる力でいうと

火のように熱い、生命の力。
水のように揺れ動く、感情の力
風のように素早い、思考の力。
大地のように安定している、肉体の力

といったようなイメージを持ちます。

数字のイメージ

基本は西洋の数秘術のイメージです。「7はラッキーセブン」みたいな話題と似たような話です。トートタロット解読では、数秘のイメージとカバラのイメージとを統合して使います。

1 始まり・全体性
2 意志・男性性
3 理解・女性性
4 慈悲・秩序
5 峻厳・変化
6 美・調和
7 永遠・縮小
8 栄光・拡大
9 基盤・達成
10 終わり・完成

大まかな意味としては、こんな感じです。(10があるのが数秘術とのおおきな違い)

 

カバラ(生命の木)の図形としてのイメージも加わります

ユダヤ教神秘主義からキリスト教世界のオカルティストへ導入されたのが生命の木の概念です。

「1 6 9 10」は中央の柱の数となり安定するイメージが入ります。
「2 4 7」、「3 5 8」は左右の柱の数となり不安定なイメージが入ります。
これはなぜかというと、木の図の真ん中は安定、左右は変動というイメージからです。

 

qbl-tree

 

また、1-9 精神世界、10 物質世界のイメージもあります。1は 非常に抽象度が高く、2~9と、だんだん下がっていき、10が一番具体的な世界になるということです。

神(GOD)の世界→大天使の世界→天使の世界→人間の世界
意味不明な世界→ちょっと分かる世界→まあまあ分かる世界→日常的な世界

「人間の頭では理解不能な世界」からだんだん「日常的な世界」になってくる感じです。

修行者は10のマルクトから修行の階段をのぼっていき、1のケテルに至って神(宇宙そのもの)の領域へと突入する、というようなイメージです。

所長
所長
ストーリー(神話)・ストラクチャ(構造)・スピリチュアル(精神世界)、3つのSな視点から物事の起源を見るインスピレーションを鍛えるサイトです。所長のキャラは、愛のあるドSです。モットーは「遊びをせむとや生まれけむ、戯れせむとや生まれけむ。」
COPYRIGHT © 2015 神話・心理・日本精神  -ストーリー構造研究所 -, ALL RIGHTS RESERVED.