カップの王子の意味 ・読み方 – トートタロット –

カップのプリンスのキーワード

一言で言うと「もてたい人」です。

コートカードはキャラクターカードなので、どんなキャラかという自分なりのイメージをもつことが大事です。

例えば?(日常生活的)

恋愛なら、相手を喜ばせようとすることが習慣化している人
仕事なら、相手の驚くようなことをするのが得意な人

自分が楽しみ、結果として相手も楽しくなる、お祭り好きなタイプの人、
サプライズを仕込むのが好きな人といったところでしょうか。

クロウリー式の易とタロットの対応

易では、61の中孚(ちゅうふ)に対応しています。「孚」という言葉自体は
「俘虜(捕虜)」の意味もあります。一般には「誠」と解されることが多い卦です。

中孚の六四の爻辞からは、「月、望に幾し。馬の匹亡ぐ、咎无し。(つき、ぼうにちかし。うまのたぐい、にぐ。とがなし)」、「月は満月に近くなる。馬が逃げる。災難を免れる」という意味の言葉を引用してみます。

これを「(馬が逃げるなので)何かを失うが、(月が満ちるなきで)より大きな何かを達成できる」などと解すると盃の王子のイメージとつながりやすい気がします。

恋のために王冠(仕事)を捨ててもいいですし、王冠(仕事)のため恋を捨ててもいいですし、どちらのシナリオもありえます。

「中孚、豚魚なり、吉」(誠、ぶたとさかな、吉)という卦辞も、「豚魚」を「豚と魚」ではなく「海豚(いるか)」と超訳してしまえば、水の王子のカードとよりイメージは近くなるでしょう。

クロウリー式のタロットと易のリンクは、 王子は「巽(そん)」で水は「兌(だ)」なので、水の王子は巽と兌を組み合わせている「中孚(ちゅうふ)」に対応するという、わりとシステマティックな対応です。

ただ、これが易経の該当部分を何回か読んでみると不思議に綺麗に対応する気がしてくるのが面白いところです。

日本の伝承(神話・昔話・伝説)で例えるなら?

水の王子なので、川をお椀の船に乗ってどんぶらこと漕いでいく一寸法師とか、亀に乗った浦島子とか、水のイメージをしやすい若い男性が近いかもしれません。

その他

作者のアレイスター・クロウリーの、カップのプリンスの解説をみると、

「彼が望むのは、権力、智慧、自分自身の目的達成である。」(トートの書 P167)

という記述があります。王子王女と、騎士女王の違いとして、若者はより個人的な目的達成に重きをおく傾向があります。

まず、「自分の悩み」に向き合うべき人は、このカードのキャラクターのように「人のためより、まず自分の目標達成」という方向性を強めることが必要かもしれません。壮大な計画があるなら、まずは資金集めからというような話でもあるでしょう。

自分の目標達成が第一ということで、飲み会やパーティーに出かけるよりも、交際は最低限にして、仕事や勉強や修行に打ち込むべき時期ということかもしれません。

恋愛

最後に、「恋人・パートナー絶賛募集中」な人に向けた恋愛トークでの「カップのプリンス」の参考例を。

ポジティブにとれば「とにかく自分を喜ばせることが、出会いにつながる」といったストーリーです。合コンやお見合いなどの「異性との出会いそのものを目的」にというより、好きなアクティビティーに参加すると結果として出会いにつながるというような話です。

ネガティブにとれば「気持ちがよいと感じる方向は間違い。あえて違和感がある方を選ぶほうが出会いにつながる。」といったストーリーになります。

<小アルカナ カップ>

カップの1の意味 | カップの2の意味 | カップの3の意味 | カップの4の意味 | カップの5の意味 | カップの6の意味 | カップの7の意味 | カップの8の意味 | カップの9の意味 | カップの10の意味 | カップの王女の意味 | カップの王子の意味 | カップの女王の意味 | カップの騎士の意味

<大アルカナ>

0.愚者(The Fool) | 1.魔術師(The Magus) | 2.女司祭(The Priestess) | 3.女帝(The Empress) | 4.皇帝(The Emperor) | 5.法王(The Hierophant) | 6.恋人(The Lovers) | 7.戦車(The Chariot) | 8.調整(正義)(Adjustment(Justice)) | 9.隠者(The Hermit) | 10.運命の輪((Wheel of) Fortune) | 11.欲望(力)(Lust(Strengh)) | 12.吊られた男(The Hanged Man) | 13.死神(Death) | 14.技術(節制)(ART(Temperance)) | 15.悪魔(The Devil) | 16.塔(The Tower) | 17.星(The Star) | 18.月(The Moon) | 19.太陽(The Sun) | 20.永劫(審判)(The Aeon(Judgment)) | 21.世界(The Universe)

<占星術>

十惑星のイメージ、惑星記号の意味 | 十二星座の神話とイメージ | 四大元素とタロットのスートのイメージ

<数秘術>

西洋数秘術、数字の象意まとめ

参考文献など

ト-トの書 / The Book Of Thoth (A.クロウリー),正統ピタゴラス数秘占術(渡辺 だりあ), 易経 ビギナーズ・クラシックス(三浦 國雄) The Qabalistic Tarot: A Textbook of Mystical Philosophy (Robert Wang) ,Wikipedia (English,日本語)etc

※この記事は、理解のステップとして面白いものをという編集方針を基本としています。

関連記事

  1. 塔(The Tower)の意味(主にトートタロット用)

  2. カップの7の意味 < debauch 放蕩 堕落> – …

  3. 女司祭(The Priestess) (主にトートタロット用)

  4. カップの騎士の意味 ・読み方 – トートタロット &#…

  5. 魔術師(The Magus) のカードの意味 (主にトートタロット用)…

  6. 愚者(The Fool) のカードの意味 (主にトートタロット用)

  7. カップの小アルカナの意味リスト - トートタロット –…

  8. カップの6の意味 < Pleasure 喜び 楽しみ> –…

ストーリーに学ぶ

トートタロット 解説記事

トートタロットのストーリー視点での解説記事目次です。各タイトルをクリックすると解説ページに飛びます。

1. 大アルカナの意味、解説記事まとめ

西洋占星術

西洋占星術の十二星座・十惑星の神話などのまとめです。

1. 十二星座の神話とイメージ
2. 惑星のシンボルのイメージ

タロット通信講座

※基礎トレ編

通信講座画像
>>>講座の詳細はここをクリック

発想力から鍛えられる通信講座です。

※基本~応用編

通信講座画像
>>>講座の詳細はここをクリック

ツリーオブライフの視点でより深く学ぶ、基礎~応用な講座です。

トートタロット 購入


※サイズとバリエーションの展開がありますが、1個目は大きい緑の箱がおすすめ。

日本神話カード

純日本製のカードリーディングツール。下記をクリックするとWEBで無料体験可能です。