カップの7の意味 < debauch 放蕩 堕落> - トートタロット -
Previous
RANDOM
カップの9の意味 < Happiness 幸福> - トートタロット -
Next
スピリチュアル

カップの8の意味 < Indolence 怠惰> – トートタロット –

カップの8のキーワード

カップの8は、indolence(インドレンス)、怠け心と呼ばれます。
よりカンタンな英語でいえばlazy(レイジー)です。

カップ(感情)×8(拡大)= indolence(怠惰)

感情の楽なほうに楽な方にとやりすぎると、本当の感情が無視されるという感じです。

「気持ち良い=正解」という感覚的な判断は、ある程度の訓練を経ていないとただ単に間違えます。食育的な知識がないと、駄菓子やファーストフードを「心地よい」と感じてしまい、「駄菓子=身体が求める食べ物」と勘違いしかねないのと似たような話です。

>>スートと数字のイメージ・意味は、こちらを参照

イメージストーリー

本当は自分で作ったケーキを食べたい。
やり方は分かる。美味しいイチゴが売っている場所も知っている。
材料さえ買えばストレス無くできる。

けど、めんどくさいからデパ地下の有名ケーキ店(F○○n○○y)で買ってきてすませることにする。
とても美味しいし身体も喜んでいるのだけど、どこか不満足。

シンボル解説

トートタロットのカップの8には、占星術マークでいうと、魚座の土星が描かれています。

魚座(神秘・イマジネーション)×土星(限界・最果て)=indolence(怠惰)

想像力に限界を設けてしまうのは、知的怠惰である。

ということで。

>>12星座と10惑星の意味は、こちらを参照

日本の伝承(神話・昔話・伝説)で例えるなら?

神としての娼婦のイメージ、江口の君の話がよいでしょう。観音様が遊女(高度な教養もある娼婦)に化けて、衆生救済のためにこの世にあらわれた。みたいな高尚なモチーフの話です。一番嫌われるものの中に、一番素晴らしいものが隠れているみたいなストーリーです。

その他

作者のアレイスター・クロウリーの例えによると、カップの8のイメージは

「パーティーの準備は全て整ったのに、ホストが客を招待するのを忘れていた、あるいは仕出し屋がご馳走を配達しなかった」(トートの書 P189)

となります。

わかりやすいんだかわかりにくいんだかって例え話ですが、確かにindolence(インドレンス)=怠惰、な話です。

パーティーをやるのに客を招待するのを忘れるって、無意識にやる気なくなってる感が満載ですので。

恋愛

最後に、「恋人・パートナー絶賛募集中」な人に向けた恋愛トークでの「カップの8=怠惰」の参考例を。

ポジティブにとれば「全てがどうでもよくなると、逆に人生が明るくなってパートナーにも恵まれる」といったストーリーです。ネガティブにとれば「現状に絶望しないと、誰にも出会えずに月日だけが過ぎる」というストーリーになります。

※参考文献など
ト-トの書 / The Book Of Thoth (A.クロウリー),正統ピタゴラス数秘占術(渡辺 だりあ),The Qabalistic Tarot (Robert Wang),Wikipedia (English,日本語)etc
※クロウリー視点の紹介という意図も散りばめてありますが、理解の踏み台として面白いものをという編集方針を基本としています。
所長
所長
ストーリー(神話)・ストラクチャ(構造)・スピリチュアル(精神世界)、3つのSな視点から物事の起源を見るインスピレーションを鍛えるサイトです。所長のキャラは、愛のあるドSです。モットーは「遊びをせむとや生まれけむ、戯れせむとや生まれけむ。」
COPYRIGHT © 2015 神話・心理・日本精神  -ストーリー構造研究所 -, ALL RIGHTS RESERVED.