月(月神) | イメージ シンボル 私家版小辞典

1.月(月神)を象徴として解読する場合の素材


【聖書関連】
小さな光 (創世記1:16~)(太陽は大きな光)
聖母マリア「無原罪の宿り」の絵画 (黙示録12:1)

【その他ヨーロッパ関連】
満月の怪物(狼男など)

【エジプト関連】
トト(書記の神だが月の神としても)

【ギリシャ神話関連】
月の女神アルテミス(太陽神アポロンとは双子)

【日本関連】
勢至菩薩
かぐや姫
ツクヨミ(月読 or 月夜見)
月神の持つ若返りの霊水
真如の月(真理のシンボル)

2.月(月神)のシンボルとしての考察

月のイメージは「静寂」や「神聖性」などが思いつきやすいでしょうか。日本では「真理の象徴」のように神聖性の極のイメージを持つこともありますが、欧州では満月の狼男のような「狂気」的なイメージを含むこともあるのが興味深いところです。

ギリシャの月の女神は意外と苛烈なエピソードがあり、女神アルテミスは自分の裸をのぞきみした猟師を鹿に変えてしまし、猟師が自分の猟犬に襲われて死ぬように仕向けます。

マリア様の絵画に三日月が描かれることがありますが、こちらは「聖母」なので慈悲深いイメージです。「無原罪の宿りimmacolata concezione」という宗教的なテーマの絵画です。多くの人によって描かれています。

原罪というのはキリスト教の基本的な世界観の一つで「すべての人間は生まれながらに罪を背負っている」という考え方です。カトリック教会の聖母マリアはイエス・キリストと同様に聖なる存在となっているので「原罪はない」「昇天する」という教義になったのではないかと思われます。

Francisco de Zurbarán, Immacolata Concezione.

マリア様と「月」というのはわりとある描かれ方ですが、この構図はヨハネによる黙示録の12:1「また、大いなるしるしが天に現れた。ひとりの女が太陽を着て、足の下に月を踏み、その頭に十二の星の冠をかぶっていた。」を土台にしています。

大半のこのテーマの絵は三日月&マリア様ですが、黙示録にはっきり三日月と指定されているわけではないせいかこんな絵もあります。

Diego Velázquez, Immacolata Concezione.


カトリック教会のこの「無原罪の宿り」の記念日が12月8日ですが、同じ12月8日は仏教では成道会といってお釈迦様が悟りを開いた記念日になっています。

古い日本語には「真如の月」といった表現があり、月は悟りの象徴として用いられることがあります。

 

(つづく)

メルマガ誘導

関連記事

  1. 十惑星のイメージ、惑星記号の意味

  2. 猫(ねこ) | イメージ シンボル 私家版小辞典

  3. シンボル記事 目次 |  シンボル イメージ 私家版小辞典

  4. 双子(ふたご) | イメージ シンボル 私家版小辞典

  5. 鳩 | イメージ シンボル 小辞典

  6. 牛(雄牛・雌牛・子牛) | イメージ シンボル 私家版小辞典

  7. 山 | イメージ シンボル 小辞典

  8. ロータス(睡蓮・蓮) | イメージ シンボル 小辞典

ストーリーに学ぶ

トートタロット

トートタロットのストーリー視点での解説記事目次です。各タイトルをクリックすると解説ページに飛びます。

1. 大アルカナの意味、解説記事まとめ

2. 小アルカナの意味、解説記事まとめ

タロット通信講座

※基本~応用編(有料版)

通信講座画像
>>>講座の詳細はここをクリック

なんとなく使ってた人が、自分らしく確信をもって美しく使えるようになる。ツリーオブライフの視点を入れて学ぶ、基礎~応用な講座です。