ウェイト版(ライダー版)とトート版の解釈を相互に融通していいのか?

トートで覚えた意味をウェイトに転用していいのか、逆はどうなのか問題について回答しようと思います。基本的には初心者は「違うカードなので、融通できない」と思っておくほうが楽だと思います。

例えば、教皇(ライダー版)とハイエロファント(大祭司)(トート版)、あるいは悪魔のカードなど、絵の雰囲気がだいぶ違います。この場合、ストレートにトートの解釈でよく言われているキーワードをウェイトにあてはめたり、あるいはその逆をやろうとすると違和感が出てくることが多いと思います。

というのは教皇と大祭司の場合、ローマ教皇その人を象徴するのか、単純に宗教的指導者なのか、というところで大きな違いがあるので、「ローマ教皇(Papa)」的なイメージで解読されている意味を、大祭司(Hierophant)に当てはめると、キリスト教の話を仏教の話として解読するようなものなので、だいぶ離れてしまいます。

悪魔のカードもウェイト版は「単純にわるい存在」に見えやすいのですが、トート版での悪魔は「単なる悪い奴」には見えないイメージが強くなっているので、やはりそのまま融通するのはやや難しいでしょう。

なので、「トートで覚えた意味をウェイトに使っていいんだろうか?」という疑問をもった場合は、初心者は「別物」として扱ったほうが楽だと思います。

 

ただ、この2つのカードは「タロットカード」という土台と「(キリスト教世界の魔術師たちの使っていた)生命の樹」という土台を共通でもっていますので、うまく解釈すればどちらの意味も反対側のカードの時に活用することは可能です。ある程度慣れている人は、ウェイト版を普段は使うけどトートの書を読んでトートの意味を参考にしたり、といったことは十分できると思います。

 

メルマガ誘導

関連記事

  1. 概念の大きさという視点

  2. 一霊四魂の再整理 2

  3. タロットでキャラクターを作る法

  4. 数秘術 数字の象意・意味「 9 」 – All is sp…

  5. (小説)オラクルカードの作り方を教わってみた 第五話-え?その使い方?…

  6. オラクルカード・タロットカードの使い方、初級編と上級編

  7. 占いは統計学とは名乗らないほうがいいです。なぜならば。。。

  8. 占いやセラピーやコーチングやカウンセリングや潜在意識などの使い方

ストーリーに学ぶ

トートタロット

トートタロットのストーリー視点での解説記事目次です。各タイトルをクリックすると解説ページに飛びます。

1. 大アルカナの意味、解説記事まとめ

2. 小アルカナの意味、解説記事まとめ

タロット通信講座

※基本~応用編(有料版)

通信講座画像
>>>講座の詳細はここをクリック

なんとなく使ってた人が、自分らしく確信をもって美しく使えるようになる。ツリーオブライフの視点を入れて学ぶ、基礎~応用な講座です。