カードを引いても、関係ないことしか浮かびません

オラクルカードやタロットカードで、質問と関係ない情報しかやってこない、関係ないことしか思いつかない、ということがたまにあります。これはどうしたらいいのでしょうか?

結論からいうと、初心者の場合は練習の場で、「まずはそのまま、浮かんだことを言葉にしてみること」をたくさんやることが重要です。

ある程度、練習を重ねていくと、段々と関連性があることが浮かぶようになっていきます。

最初は、つまった水道管から水をひいているような状態なので、とにかく「頭で考えない。思い付いたことはなんでもそのまま口にする」ということが大事です。

もちろん本番ではなく安全な練習の場で上の作業をやる必要があります。

理解のある友人相手にやるか、もしくは、一人でひきこもってぶつぶつ言いながら口にしてみることです。

直観的・霊感的な力を使おうという話なので、「頭で考えずに、身体で動く。」的な感覚を練習することをやっていくと、段々とそういう感覚が目覚めていくようになります。

nakajima oumi

nakajima oumi

シンボルと精神世界の研究家。 「キレイはキタナイ、キタナイはキレイ」。日本文化と欧米文化は異なるからこそ面白い。

関連記事

特集記事

新着

  1. The World | 世界のシンボル ライダーウェイトタロット (RWS)

  2. Judgement | 審判のシンボル ライダーウェイトタロット (RWS)

  3. The Sun | 太陽のシンボル ライダーウェイトタロット (RWS)

  4. The Moon | 月のシンボル ライダーウェイトタロット (RWS)

  5. The Star | 星のシンボル ライダーウェイトタロット (RWS)

  6. 開発製品

    日本の神仏カード ( Amazon.co.jp 販売ページ)

    story symbol

  7. The Tower | 塔のシンボル ライダーウェイトタロット (RWS)

  8. The Devil | 悪魔のシンボル ライダーウェイトタロット(RWS)

  9. Temperance | 節制のシンボル ライダーウェイトタロット(RWS)

  10. Death | 死のシンボル ライダーウェイトタロット(RWS)

  11. The Hanged Man | 吊された男のシンボル ライダーウェイトタロット(RWS)

  12. 開発教材

    タロット初心者さん向け教材

    story symbol

トートタロット

トートタロットのストーリー視点での解説記事目次です。各タイトルをクリックすると解説ページに飛びます。

1. 大アルカナの意味、解説記事まとめ

2. 小アルカナの意味、解説記事まとめ

タロット通信講座

※基本~応用編(有料版)

通信講座画像
>>>講座の詳細はここをクリック

なんとなく使ってた人が、自分らしく確信をもって美しく使えるようになる。ツリーオブライフの視点を入れて学ぶ、基礎~応用な講座です。

TOP