ドラゴンボールと海幸山幸神話の共通点とは?

現代の漫画であるドラゴンボールと海幸山幸神話の共通点をつらつらと並べてみます。

1.宝の玉が重要アイテムの一つである
(ドラゴンボール/汐満玉・汐乾玉)

2.主人公が異世界で力を蓄える
(精神と時の部屋 / 竜宮城)

3.導き手としての老賢者のような存在が現れる
( 亀仙人・界王 /シオツチ)

4.お姫様は気が強い
( ブルマ・チチ / トヨタマヒメ )

5.異世界と日常世界との往復が行われる
(地上⇔神様の所  / 地上⇔海の神様の所)

6.動物がしゃべっても驚かれない

7.戦って倒した相手が自分の陣営に加わる(笑)

こういう、古代と現代の物語の共通部分から何を参考にするかというのが大事で、例えば「戦って倒した相手が仲間に加わる」というケンカの
あとに仲直りということを参考にするなら、どんどん本音でぶつかっていくことを推進すればいいのです。自己主張するとどうでもいい敵対者も現れますが、そうしたデメリットを補ってあまりある本当の意味での仲間も出来るのです。

導き手の存在に注目するなら、今の自分は「賢者と出会っているか?」ということに思いをよせればよいのです。導き手というのは必ずしも神様やスーパーマンである必要はなく、書物の中の一節かもしれませんし、たまたまTVで見たアニメのキャラクターの放つ一言の台詞かもしれません。なんでもいいのですが「もしかしてと思ったらやってみなはれ」というのが大切です。移動のキッカケは自分の外にあるものなので、詰まったら「普段やらないことをしよう」など、とにかく自分の外に発想を求めることも大切です。

関連記事

  1. 失われた楽園

  2. キャラクターだけで人を見ていませんか?

  3. 貴種流離譚(きしゅりゅうりたん)  折口信夫(おりくちしのぶ)

  4. 基本的な物語の構造「行くと帰る」「喪失と回復」

  5. 昔話の構造31の機能分類(ウラジミール・プロップ)

  6. 宇宙戦艦ヤマトと神功皇后伝説

  7. 手に入れると失う

  8. 犠牲を受け入れると、現実が変わる

ストーリーに学ぶ

トートタロット 解説記事

トートタロットのストーリー視点での解説記事目次です。各タイトルをクリックすると解説ページに飛びます。

1. 大アルカナの意味、解説記事まとめ

西洋占星術

西洋占星術の十二星座・十惑星の神話などのまとめです。

1. 十二星座の神話とイメージ
2. 惑星のシンボルのイメージ

タロット通信講座

※基礎トレ編

通信講座画像
>>>講座の詳細はここをクリック

発想力から鍛えられる通信講座です。

※基本~応用編

通信講座画像
>>>講座の詳細はここをクリック

ツリーオブライフの視点でより深く学ぶ、基礎~応用な講座です。

トートタロット 購入


※サイズとバリエーションの展開がありますが、1個目は大きい緑の箱がおすすめ。

日本神話カード

純日本製のカードリーディングツール。下記をクリックするとWEBで無料体験可能です。