人類最初のセックス(古事記神話)

日本神話の場合、人類最初の男女の交わりは、非常におおらかです。キリスト教社会と違って、性的なものに対する禁忌はもともと強くありません。また、それがもともとの日本的な文化なのです。

イザナキ(男神)「俺の体には余ってる所がある」
イザナミ(女神)「私の身体には足りない所がある」
イザナキ(男神)「では余ってるところと、足りないところを合体させて子供を産みましょう。」
イザナミ(女神)「いいですよ」

以上。古事記から直訳です。おおらかすぎてムードも何もないと怒られそうですが、こんな感じです。このシーン。このあと、女のほうから「いい男だね」と声をかけて交わったところいい子供に恵まれず、神様にお伺いをたてたところ「男から声をかけなさい!」と天上からお達しがあり、次は男から「美しい女だ」声をかけて日本列島の島々と多くの神々を産むことになります。

古事記の編纂は和銅5年(AD712年)ですが、こういう逸話が神話に入っている=昔から女性のほうが恋愛は積極的だったのかもしれません。「がんばれ男の子!男子たるもの、恋愛では自分から声をかけにいきなさい!」と啓蒙されていたのは奈良時代からだったのかもしれません(笑)

ちなみに日本書紀(一書(五))によると、イザナキ(男神)とイザナミ(女神)は男女の交わりのやり方がわからず、セキレイ(鳥)を参考に交わりをしたという逸話があります。鳥さんから連想したとなると、人類最初の交合の体位はキリスト教圏でいう正常位(英語ではmissionary position”宣教師の体位”と呼ばれる)ではなかったかもしれません。さりとて、細かい記述まではないので、今でいう、騎上位になるのか後背位になるか、そのあたりはご想像にお任せします。

※セキレイの動画(YOUTUBEより)

無料音声セミナー

関連記事

  1. 雷神の属性を比較する

  2. 【名言系かぐや姫】親バカ万歳、「これさえあれば幸せ」を見つけよう

  3. 名言の裏側

  4. フレイヤ(Freja,Freyja) 北欧神話の愛と魔術の女神

  5. 日本人と天皇

  6. 三神(創造・維持・破壊)

  7. 【名言系かぐや姫】宝はいつも足元にある

  8. うさぎ

    神話の中のイジメ

ストーリーに学ぶ

トートタロット

トートタロットのストーリー視点での解説記事目次です。各タイトルをクリックすると解説ページに飛びます。

1. 大アルカナの意味、解説記事まとめ

2. 小アルカナの意味、解説記事まとめ

タロット通信講座

本気な無料体験版

アンケートに答えると無料で受講できます。有料の1万円くらいの入門講座とほぼ同じコンテンツです。初心者向けの講座とかやりたい人にもおすすめ。

アンケートに答えて無料でタロット講座を受ける

※基本~応用編(有料版)

通信講座画像
>>>講座の詳細はここをクリック

なんとなく使ってた人が、自分らしく確信をもって美しく使えるようになる。ツリーオブライフの視点を入れて学ぶ、基礎~応用な講座です。