日米成功法則比較

アメリカ式成功法則がなぜ日本人の多くにあわないのか。二つの世界の文化をベースから見ていくと、理由はカンタンなことが分かります。要するに、American English(アメリカ英語) と日本語の違い 、キリスト教の世界と原初神道の世界の違いです。

アメリカ式 日本式
基本的な発想 思考を変える→現実を変える 現実を変えて→思考を変える
基底にある世界観 キリスト教・ユダヤ教 / 一神教 神道・日本仏教 / 多神教
基底にある時間感覚 過去→現在→未来 / 直線的時間 過去=現在=未来 / 円環的時間
思考言語 American English(アメリカ英語) 日本語
背景の歴史 100年程度 2600年以上
背景となる世界観 弱肉強食 諸行無常
死について 人生は一度しかない 生まれ変わりはあるかもしれない
言葉のルール ネガティブな言葉は一律禁止 悲しみも怒りもあってよい
思考のルール はっきり・シンプルが善 あいまい・二面性が善
感情のルール ハイテンションと陽気さが善 淡々とフラットが善
行動のルール 生産/効率/規範 遊び/美しさ/なんとなく
恋愛のルール 言葉にして褒めるのが善 行動で褒めるのが善
お金のルール 第一の価値基準 有益な手段の一つ
成長についての発想 大人にならなくてはいけない 大人であり子供であるのがよい

単純化すると、「男は黙って ○○」の世界と、毎日「I Love you 」を挨拶として使う世界との差です。
大人の世界と子供の世界がアメリカは分離しているけど、日本は融合しているというのも大きな差の一つです。

こうしてみると、「嫌いな人に、心の中でありがとうを百回言おう」とかは、実はどちらかというとアメリカ的なんですね。

日本は昔から「言挙げせぬ国」という伝統がありますので、「言葉で現実をしばろうとする」発想はあまり使わないのが日本人向きなのです。

 

 

メルマガ誘導

関連記事

  1. 役に立つセンス。役に立たなくなるスキル。

  2. SNS疲れの裏の理由

  3. 日本一売れた自己啓発本?

  4. 魔術や呪術の世界観についての基礎知識

  5. 日本の神話のワニはサメのこと?

  6. 東京

    未来のために過去を作る

  7. Solar_eclips

    日食は穢れた光?

  8. 日本の神仏カード メイキング 外箱

ストーリーに学ぶ

トートタロット

トートタロットのストーリー視点での解説記事目次です。各タイトルをクリックすると解説ページに飛びます。

1. 大アルカナの意味、解説記事まとめ

2. 小アルカナの意味、解説記事まとめ

タロット通信講座

※基本~応用編(有料版)

通信講座画像
>>>講座の詳細はここをクリック

なんとなく使ってた人が、自分らしく確信をもって美しく使えるようになる。ツリーオブライフの視点を入れて学ぶ、基礎~応用な講座です。