(願いを叶える神社参拝)まずは有名神社から

初心者ほど、最初はみんなが行くような有名神社から遊びにいくほうがよいです。大きい神社のほうが、本来の神社の姿が残っているからです。伊勢神宮しかり、出雲大社しかり、鹿島神宮しかりです。東京なら明治神宮(←個人的に夏がおすすめ)や靖国神社(←個人的に春秋がおすすめ)もいいでしょう。

ミーハーでよいですし、あまり深く考えなくてよいです。素直に行きたいと思った所に行ってください。考えるの大変だったら、とりあえず有名な所から選んでいってみましょう。

P1012657

よく、生まれた場所の近くや自宅や職場の近くの神社を大切にしなさいと説く意見があります。理屈的には正しいのですが、現代では、近所の小さい神社というのはすたれてしまっていて境内が駐車場か何かになってしまっている場合や手入れがされなくなってしまっている事も珍しくありません。こういう場合、「近くの神社」にこだわるのは得策ではありません。

伊勢神宮などは、数十年ごとの立て替えによって上代の姿をそのままとどめているという奇跡的な建築物です。まずはこうした場所を楽しむほうが神社と縁をもつには適しています。みんなが知ってるような場所のほうが、「神社という空間の持つすがすがしさ」を感じやすいのです。

せっかく「お祈り」に行くのですから、あの独特なすがすがしさを感じる体験はとても大切です。そういう体験を積み重ねることで「神々の存在」を体感することができるようになります。そういう確信があってはじめて、「祈り」という行為に魂が入るのです。

P1013009

大きい神社で神社のすばらしさを十分体感した上で、神棚が自宅になければ自宅に神棚を作る、近所の神社も行ってみる、などの第二段階に進むとよいでしょう。第一段階としては、まずは神社の素晴らしさや自然の偉大さを体感することです。その意味で、誰でも知ってるレベルの有名神社に行くことからはじめると、祈りも届きやすくなると思います。最初からややこしいことを考える必要はありません。

関連記事

  1. スピリチュアルなスキルを学ばないほうがいい人の特長

  2. 神社 手水

    神社と人間の相性ってあるんですか?

  3. お題目やアファーメーション(自己啓発)はいらない

  4. 正義の民衆と悪の権力者?

  5. 初体験の大切さ

  6. 月

    万物には周期がある

  7. 例え話の作り方・組み立て方

  8. 江戸しぐさの問題点とは?

ストーリーに学ぶ

トートタロット 解説記事

トートタロットのストーリー視点での解説記事目次です。各タイトルをクリックすると解説ページに飛びます。

1. 大アルカナの意味、解説記事まとめ

西洋占星術

西洋占星術の十二星座・十惑星の神話などのまとめです。

1. 十二星座の神話とイメージ
2. 惑星のシンボルのイメージ

タロット通信講座

※基礎トレ編

通信講座画像
>>>講座の詳細はここをクリック

発想力から鍛えられる通信講座です。

※基本~応用編

通信講座画像
>>>講座の詳細はここをクリック

ツリーオブライフの視点でより深く学ぶ、基礎~応用な講座です。

トートタロット 購入


※サイズとバリエーションの展開がありますが、1個目は大きい緑の箱がおすすめ。

日本神話カード

純日本製のカードリーディングツール。下記をクリックするとWEBで無料体験可能です。