表の顔と裏の顔、そして魂の顔について

人間には、誰しもホンネとタテマエがあります。たくさんの人がいる前で話せることと、一部の人の前でしか話せないことは誰にでもあります。「俺はホンネしかないから」と公言する人はよく見ますが、そうはいっても「タテマエ」という概念がその人の中にないというだけで、「みんなの前で見せているもの・見せていないもの」というものは存在します。

よくあるのは「こんなに楽しい毎日です」という所は人前で見せますが、「毎日淡々と地味にやってること」みたいな所は人前で見せないケースです。話題性が低いものは表には出さないという話です。

極端な話、人前に出る時に髪の毛ボサボサで出る人はあまりいないわけです。表の顔と裏の顔というのはそういうレベルの話です。「私はホンネしかありません」という人でも、パジャマで記者会見に出てきたりすることはないのです。その辺、他人の言ってることをあまり言葉通りに信用しすぎないことは重要です。

シンボル的に考えた場合、表の顔と裏の顔というのは対になる概念なのですが、さらに魂の顔、というものを想定しておくと人間理解が深まっていきます。

表の顔→便利ないい子
裏の顔→使い勝手の悪いワガママな人
魂の顔→純粋で成長意欲が高い人

という風に三層構造で見ていくと便利です。魂の顔というのはソースとか始原などと呼ばれるものと隣接した概念になります。

内省的な時間というのは、簡単に自覚できない抽象度の高い本音があるという想定で話を進めていかないと意味がありません。

ただ、そういうものだと知っているというだけでは意味がないので、そういう壁を越える概念を事前にストックしておくことが大切なわけです。抽象度の高い概念のストックの数が増えるごとに、お気楽極楽なことが増えていくということです。

追記

もっとも宗教的な概念に関しては、注意が必要で、メンタルの健康を害している時にふれると悪い意味で信者マインドになります。概念としてのパワーが強力であるがゆえに、精神的ダメージがでかい時に学ぶと圧倒されて自分の本質が隠されてしまう恐れがあるからです。

関連記事

  1. Solar_eclips

    日食は穢れた光?

  2. 管理か放任か

  3. なぜ次世代エネルギーは批判を受けるのか?

  4. 怠け者のすすめ!

  5. 月

    万物には周期がある

  6. (願いを叶える神社参拝)まずは有名神社から

  7. 手抜きのススメ(楽をすることへの抵抗)

  8. 概念の大きさという視点

ストーリーに学ぶ

トートタロット 解説記事

トートタロットのストーリー視点での解説記事目次です。各タイトルをクリックすると解説ページに飛びます。

1. 大アルカナの意味、解説記事まとめ

西洋占星術

西洋占星術の十二星座・十惑星の神話などのまとめです。

1. 十二星座の神話とイメージ
2. 惑星のシンボルのイメージ

タロット通信講座

※基礎トレ編

通信講座画像
>>>講座の詳細はここをクリック

発想力から鍛えられる通信講座です。

※基本~応用編

通信講座画像
>>>講座の詳細はここをクリック

ツリーオブライフの視点でより深く学ぶ、基礎~応用な講座です。

トートタロット 購入


※サイズとバリエーションの展開がありますが、1個目は大きい緑の箱がおすすめ。

日本神話カード

純日本製のカードリーディングツール。下記をクリックするとWEBで無料体験可能です。