ポジティブ思考が失敗する理由

いわゆるアメリカ型のポジティブ思考はあう人とあわない人が非常にはっきり分かれます。

うまくいっている人は続けて使えばいいですが、うまくいっていない場合は今すぐ諦めたほうがいいです。

というのは、アメリカ型のポジティブ思考は、大多数の日本人の人にはあわないからです。なので導入しようとして失敗しても全く恥ではありません。

失敗するにはちゃんと理由があって、アメリカ的な発想のベースには「プロテスタント(キリスト教)的な聖書的世界観」があり、日本人の多くにはこの感覚は共有されていないからです。

この世界観は 「来世?そんなものはあるわけがない。人生は1回きり。」というのを原則としています。また「原罪」という「人は生まれながらに罪深い」という独特の世界観も持っています。
もともと「人間はどうしようもないマイナスを持っている」という発想がプロテスタントの世界観にはあるのです。そこに、ポジティブ思考で「強いプラスの世界観」をかぶせるからバランスがとれるのです。

 

ところで多くの日本人は、口では「地獄?来世?天上界?そんなものあるわけがない」と言う人でもお盆になれば墓参りをし、正月になれば初詣をするわけで、中世以来の神道&仏教の世界観の強い影響下にいるわけです。

神道&仏教の世界観だと、輪廻転生という

「人生は何回もある。今回の人生がだめでも来世がある」

という世界観がベースにあります。来世を完全に明確に否定はしていないのが日本人の多数派です。(本気で来世を否定できるなら、葬式なんてもっと適当でいいはずです。)

 

また、日本の伝統的な発想に「原罪」というキリスト教的な世界観はありません。日本の伝統的な神話(記紀神話)に、「人間は神罰を受けて楽園を追放された」というパターンの話は入っていません。日本はもともと「この世はよいとこ。」みたいなポジティブ発想が強いのです。

なので、アメリカ型のポジティブ思考をそのまま輸入して接ぎ木すると

「ポジティブ×ポジティブで、ムダなハイテンションになってバランスが悪い」

ことになりやすいのです。
そうはいってもポジティブ思考が魅力的に感じる場合は、聖書やシェークスピアに親しみ、日常の半分を英語で生活するくらいの経験をしてみたほうがいいと思います。正規の統計をとったわけではありませんが、私の知る限りでアメリカ型のポジティブ思考で実際うまくいっている人は英語的素養が非常に高い傾向があります。

 

人間には、ポジティブ(陽)もあればネガティブ(陰)もあります。男性の中にも女性的な部分がありますし、女性の中にも男性的な部分があります。陰陽の片方しか使えないというのでは、人生が無駄に修行化してしまいます。

関連記事

  1. アクエリアスの時代 (2000年単位でモノを見る)

  2. せまい世界で戦ってる場合じゃない

  3. 正義の民衆と悪の権力者?

  4. 「自分が変われば世界は変わる」という幻想

  5. 東西の神秘思想の根本的に異なる部分はなにか?

  6. 相手を知るには

  7. 人生は絶望から始まる

  8. 雪山

    天職の呪い 好きを仕事にのよくある誤解

ストーリーに学ぶ

トートタロット 解説記事

トートタロットのストーリー視点での解説記事目次です。各タイトルをクリックすると解説ページに飛びます。

1. 大アルカナの意味、解説記事まとめ

西洋占星術

西洋占星術の十二星座・十惑星の神話などのまとめです。

1. 十二星座の神話とイメージ
2. 惑星のシンボルのイメージ

タロット通信講座

※基礎トレ編

通信講座画像
>>>講座の詳細はここをクリック

発想力から鍛えられる通信講座です。

※基本~応用編

通信講座画像
>>>講座の詳細はここをクリック

ツリーオブライフの視点でより深く学ぶ、基礎~応用な講座です。

トートタロット 購入


※サイズとバリエーションの展開がありますが、1個目は大きい緑の箱がおすすめ。

日本神話カード

純日本製のカードリーディングツール。下記をクリックするとWEBで無料体験可能です。