学校に掃除は必要?

学校で生徒に教室の掃除をさせることは必要か?というテーマの記事をまとめた下記ブログが面白かったので少し補足しておきます。
http://blog.goo.ne.jp/hiroccha_/e/b10366073805c520c6388da1771ffe28

一応私なりに再整理すると

掃除不要論

1.生徒を掃除させることの公益 < 業者に任せることの公益
となるので掃除は不要。 (学問の場には必要ない)
2.諸外国では掃除は掃除業者の仕事(雇用の確保という地域貢献)

掃除必要論

1.学ぶ場の掃除は修行の一環である (精神修養)
2.社会生活で組織の歯車になるための練習 (忍耐力と服従の美徳を養成)
3.業者に外注したら税金が上がる。生徒にやらせたほうが安上がり。(経費の問題)

となります。

歴史的視点でみると、「掃除=修養」は禅の道場が自給自足社会を形成していたから出てきた発想と考えることができます。自分たちで農地を持って自給自足する、つまり身の回りのことを全て自分達でやるのがよいという発想からきています。なので宗教的な伝統からきている慣習ということは意識すべきでしょう。修行だから「ムダなこと」に取り組むことに意味が生まれるのです。

ただ、「修身」でも何でもいいけど宗教的な知恵も含めて教える時間とセットでないと、単に掃除だけやらせても、単に「理不尽なことに耐える奴隷養成講座」にしかならない危険はあります。

武道の道場などなら「無心に掃除をすることで、無心に身体を動かす訓練をする」という具合に、修行には何かかしら味を付加してあげないと修養的な意味はつきません。ただ、こうした修行意識にスイッチを入れるには、「体現しているカッコイイ人」の存在は不可欠です。

さらにいうと、こういう精神修養的な教育をするためには、教師に「聖職者」的な権威を与える必要があります。これは21世紀前半の日本では壊れてしまった権威なので、復活させるのが難しいという点は問題点ではあるでしょう。

無料音声セミナー

関連記事

  1. 引き寄せの法則が発動しない条件

  2. 「仕事が生きがい」の裏の意味

  3. 神仏の世界に模範解答なんかあるわけがない

  4. 神社 手水

    神社と人間の相性ってあるんですか?

  5. 魔術や呪術の世界観についての基礎知識

  6. あえて言おう、カスであると

  7. 機械を打ち壊せ?!

  8. 日本の神話のワニはサメのこと?

ストーリーに学ぶ

トートタロット

トートタロットのストーリー視点での解説記事目次です。各タイトルをクリックすると解説ページに飛びます。

1. 大アルカナの意味、解説記事まとめ

2. 小アルカナの意味、解説記事まとめ

タロット通信講座

本気な無料体験版

アンケートに答えると無料で受講できます。有料の1万円くらいの入門講座とほぼ同じコンテンツです。初心者向けの講座とかやりたい人にもおすすめ。

アンケートに答えて無料でタロット講座を受ける

※基本~応用編(有料版)

通信講座画像
>>>講座の詳細はここをクリック

なんとなく使ってた人が、自分らしく確信をもって美しく使えるようになる。ツリーオブライフの視点を入れて学ぶ、基礎~応用な講座です。