聖なる書物

神話や伝承が書かれた聖なる書物の解釈というのは、古代においては一部の宗教者の特権とされていました。そもそも文字の読み書きができたのもごく一部の人達しかいませんでした。しかし、現代では多くの先進国では「誰でも読み書きそろばん程度はできる」状態になりつつあります。

もはや

「一部の聖職者だけが、聖なる書物から精神的な深い知恵を引き出して大衆に伝える」

という時代は過ぎ去りつつあります。一人一人の人間が

「自分にとっての聖なる物語をもち、そこから精神的な知恵を引き出して日常を輝かせる」

という時代になっているのです。

実は人と神との関係もこれと同じで「一部の祈りのエリートに頼っていればよい」時代は終わっています。

「誰もが自分の心で神的存在を感じる」ことが求められる時代に移行しつつあるのです。

日本神道の神社でご神体が「鏡」とされていますが、「神的存在は貴方の外ではなく貴方の中にいる。」といこうことを暗示しているのです。

一部の特別な人だけが神とつながるという時代は、とっくに終わっています。

誰でもつながれるのです。だからこそ、バカと天才は紙一重ということを意識しなくてはいけません。

昔からの霊感がある人の悩みの一つに「神とつながった気がするんだけど、妄想なんだかホントなんだかわからない」というものがあります。

これは「分からない」でよいのです。「誰でも神とつながる」ことができる現代においては、自分のインスピレーションに対して「全否定することなく全肯定することもなく」という、知性と感性のバランスのとれた態度を身につけることこそが全ての人に求められるのです。

関連記事

  1. Solar_eclips

    日食は穢れた光?

  2. 雷 (武のイメージ)

    武士とお金

  3. 「色気のある女性」を演出するテクニックを使うための前提  【恋愛】

  4. 情報の断捨離をしよう

  5. アクエリアスの時代 (2000年単位でモノを見る)

  6. 復讐は何も産まない ←これほんと?

  7. 神も仏も根は一つ

  8. 物語は物語として読めばよい

ストーリーに学ぶ

トートタロット 解説記事

トートタロットのストーリー視点での解説記事目次です。各タイトルをクリックすると解説ページに飛びます。

1. 大アルカナの意味、解説記事まとめ

西洋占星術

西洋占星術の十二星座・十惑星の神話などのまとめです。

1. 十二星座の神話とイメージ
2. 惑星のシンボルのイメージ

タロット通信講座

本気な無料体験版

アンケートに答えると無料で受講できます。有料の1万円くらいの入門講座とほぼ同じコンテンツです。初心者向けの講座とかやりたい人にもおすすめ。

アンケートに答えて無料でタロット講座を受ける

※基本~応用編(有料版)

通信講座画像
>>>講座の詳細はここをクリック

なんとなく使ってた人が、自分らしく確信をもって美しく使えるようになる。ツリーオブライフの視点を入れて学ぶ、基礎~応用な講座です。

トートタロット 購入


※サイズとバリエーションの展開がありますが、1個目は大きい緑の箱がおすすめ。

日本神話カード

純日本製のカードリーディングツール。下記をクリックするとWEBで無料体験可能です。