おうし座の神話とイメージ TAURUS 金牛宮

星占い

おうし座の神話

大神ゼウスは、王女エウロペ(Europe)に恋をしてしまい、純白の牝牛(おうし)に化けてエウロペに接近しました。

侍女達といたエウロペが牝牛を見つけてその背にまたがると、牝牛はエウロペをクレタ島へと連れ去れました。

クレタ島へやってきた牝牛はその正体(ゼウス)を現し、エウロペとゼウスはクレタで結婚し、クレタの王ミノスらを生みました。

※Eurpoe(エウローペー)=Europa=ヨーロッパ の語源です。

星占いのおうし座の一言イメージ

泰然自若(たいぜんじじゃく) いるだけで存在感と安心感

コメント

ある時は白い牝牛になってユウロパを誘惑、ある時は鷲になって宴会でボーイをさせるために美少年を誘拐(みずがめ座)、またある時は白鳥になってスパルタのお姫様レダと合体(はくちょう座)、大神ゼウスの色恋は、ほんとうにやりたい放題感が満載です。

%e7%99%bd%e3%81%84%e7%89%9b%e3%81%8a%e3%81%a8%e3%81%aa%e3%81%97%e3%81%9d%e3%81%86

私らしいスピリチュアルな感性の磨き方が分かる?
サイキック能力タイプ診断(無料)

nakajima oumi

nakajima oumi

シンボルと寓話の研究家。作家 「キレイはキタナイ、キタナイはキレイ」

関連記事

TOP