うさぎ

神話の中のイジメ

日本神話では出雲神話の中に、日本初の「イジメ」が出てきます。といっても、陰湿なものではなく暴力的でストレートなイジメです。いじめられっこのほうは、「このままでは殺される」と逃げだしていきます。そして、二度目の避難先でお姫様と出会い、武器を得て立派な若者に成長して故郷に帰還し、いじめっこ達に無事に復讐をとげて王様になります。

これ、実はオオクニヌシの物語の要約です。この日本初のいじめられっこ、の役割を演じているのが、出雲大社のご祭神として知られるオオクニヌシノミコト。別名、大黒様とも言います。いじめっこを演じている神々は八十神(やそがみ)といいます。これはたくさんの神々という意味で、「その他大勢の神さん」というネーミングになります。

有名な「因幡の白兎」の話はこのオオクニヌシの旅の物語の前半で出てくる話です。

イジメの教訓を得ようという意識でこの神話を読んだ時に読み取れるのは、「(かなわなかったら)逃げてよい!」「(親や恋人などに)助けてもらってよい!」「(強くなったら)戦ってよい!」などなどです。

無料音声セミナー

関連記事

  1. 雷神の属性を比較する

  2. 三神(創造・維持・破壊)

  3. 人類最初のセックス(古事記神話)

  4. フレイヤ(Freja,Freyja) 北欧神話の愛と魔術の女神

  5. アルテミス(Artemis) ギリシャ神話の狩猟の女神

  6. トール(Thor) 北欧神話の雷神

ストーリーに学ぶ

トートタロット

トートタロットのストーリー視点での解説記事目次です。各タイトルをクリックすると解説ページに飛びます。

1. 大アルカナの意味、解説記事まとめ

2. 小アルカナの意味、解説記事まとめ

タロット通信講座

本気な無料体験版

アンケートに答えると無料で受講できます。有料の1万円くらいの入門講座とほぼ同じコンテンツです。初心者向けの講座とかやりたい人にもおすすめ。

アンケートに答えて無料でタロット講座を受ける

※基本~応用編(有料版)

通信講座画像
>>>講座の詳細はここをクリック

なんとなく使ってた人が、自分らしく確信をもって美しく使えるようになる。ツリーオブライフの視点を入れて学ぶ、基礎~応用な講座です。