ヒーリングノート 解説コンテンツ

このノートはからだを癒すにあたっての「基本の型」をベースに枠組みを設定しています。

1.主題
気になるところを絵と文字で書きます。これは、整体院などでの会話であれば「気になるところありませんか?」と患者さんが先生から聞かれる部分です。自分が主観的に気になることを書く部分です。

この質問に答える事で、自然と自分の身体を上から下まで観察することになります。観察するのが最初の目的です。見るという作業は癒すことにつながっています。

今日の癒しの作業の大きなテーマを決める部分となります。

2.確認用
主観的な情報だけでは、「あれ?」という見落としは常に起こります。人間は間違える生き物だからです。そこで、実際にボディーを動かして観察することを行います。これは客観的な情報をとろうとするイメージです。

動きを観察するというのは見た目に分かりやすいのが特徴です。例として「上下伸縮」「左右回転」「重心移動」とあります。

これは例えば

上下伸縮ー脇腹が伸びたり縮んだりする動作
左右回転ー身体を左右にねじる動作
重心移動ー立った状態で腕を前後に振る動作(重心が前後に移動する)

などをさします。

ただ、別に「歌をワンフレーズ歌う」などでもOKです。(声を出して録音しておくのもよいでしょう)

要は観察力がそこまで高くなくても「からだのビフォーアフターが分かること」をやってください。

左右にねじる動作などは「左にどこまでいくか、右にどこまでいくか」などをチェックしやすいと思います。

 

3.アプローチ
「どこどこが痛い」と思っていても、必ずしも気になるところが「原因」とは限りません。なので、アプローチ対象は「主題」とは別の枠にしています。「主題」のために、今日はどこどこにアプローチするというものになります。(慣れたら省略可)

4.ヒーリング内容
こちらは好きな方法で、「何をやったら」「どうなった?」がわかるように記録しましょう。

あまりに細かく書くと大変なので

「上腕」を対象に、「こんなこととこんなこととやった(複数まとめ書きでよい)」、すると「こんな結果がでた」

という程度のことを書いていきます。

例として呼吸法でアプローチするなら

「目」「やや動きが悪い」 、「こういう呼吸法をした。」、「動きがよくなった」

みたいな書き方をします。

整体的な感じなら

「目」「やや疲れ気味」、「どことどこにタッチした」、「ゆるんだ。目が開いた」

みたいな書き方でもよいでしょう。あとで自分が分かる程度でよいです。

2.確認用
最後に2に戻って、同じ動作をつかって身体を観察します。変化があるかと、主題が改善しているかと、確認します。改善が見られれば成功です。

もし何も改善が見られなければ、何かが失敗していますので記録をふまえてまたがんばりましょう。

※ヒーリング参考資料

ボディーへのシンボルでのヒーリングを整体の先生と一緒にやっている動画集です。(中嶋は聞き手側で出てます。)

これは「観察→シンボル選んで見せる→観察」という型でやっているサンプルとなります。

 

なお動画では分かりやすさ重視で、

「この関節にはこのシンボル」

みたいな表現をしていますが

実際は、どのシンボルも色んな関節に作用します。実例集として研究してみてください。

動画集はこちら

TOP